事前検診に落ちても諦めるな!治験に合格するコツや裏技ってあるの? ー 入院編 ー

治験合格のための大前提

今回の記事は「入院の治験」をメインに扱います。

「これから事前検診に参加するけど合格したい」という方や「事前検診に参加したけど、落ちてしまった..」という方、今から説明する合格のコツを知れば、合格率が確実にアップするでしょう!

まず、事前検診に受かるための大前提としておさえておく必要があるものを確認!

■身分証明書
免許証、学生証、マイナンバー、住基カードのうち、どれか1つ
→名前・生年月日・住所・写真が原則。

※保険証しか所持していない場合は、保険証に加えて住民票か公的な領収書(水道光熱費や通信費)を持っていけば、事前検診参加可能な施設もあり。

■BMIの確認
BMI(BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)})が18.5-24.9
→ほぼこの範囲でBMI条件があります。BMIを若干コントロールする方法もありますが、それは下の合格のコツでご紹介します。

※BMI計算 →

身分証明書とBMIは、入院の治験に参加する際には必須です。

合格のコツ 〜水分〜

まず、入院の治験の事前検診では、治験についての説明のほか、医師の問診や身長・体重測定、血圧測定、採血、採尿、心電図検査があります。

特に血液検査はとっても細かく合格基準が決められています。合格率は一般的には大凡40%程度ですが、多くの参加者の中で血液検査のデータがいい方から合格する仕組みなので「血液検査のデータを良くすること」これが1番の合格への近道です。

その血液検査のデータを良くするうえで、一番重要なこと。

それが、

「いつもよりこまめに水分を多く摂る」

ということです。

水中毒にならないように注意して、目安として1日1.5リットルは飲むように心がけましょう。

一気に飲むと逆に体調が悪くなる可能性がある為、大事なのはこまめに水分補給をするという点です。

こまめに水を飲み排泄する事が何よりの合格への近道と言えます。私は参加前の1週間前からは必ず実践します。一般的な合格率は30-50%のところ、私の合格率は9割以上です。なかなか驚異的な合格率ではありませんか?

また、事前検診当日に若干ではありますが、BMIをコントロールすることも可能です。特に若い方は痩せ型じゃなくても「BMIが届かない」なんて方も多いと思います。その場合、水分を当日に多く摂ることで1kgくらいは簡単に増やすことができますので、参考にしてみてください。

ちなみに食事で一気に体重を増やそうとすると、検査値に悪い影響を与えかねませんので、おすすめできません。

合格のコツ 〜飲食〜

その他にも、

・できれば1週間くらい前から脂っこい食べ物を控える。
→中性脂肪やコレステロール値にすぐあらわれます。

・アルコールやエナジードリンクを我慢
→肝機能に数値異常が出る可能性あり。

・魚介系も控える
→あまり良くないらしいです。

・筋肉痛になるような運動をしない
→風邪とかと一緒で検査値に炎症値で出る。

特に参加3日前〜前日の夕食までは、食事内容がとっても重要!

カレーライスや焼き肉、からあげなどは厳禁です。すぐ中性脂肪が上がってしまいます。できれば3日前(もっというと1週間前)から和食中心の食事を心がける事をおすすめします。

また、当日時間に余裕をもって参加するのも意外と大事なポイントです。

事前検診に遅れそうになり焦って走ってしまった為に、血液検査や心電図に影響が出て不合格になるという事が結構あります。

遅刻はもちろん厳禁ですが、検査結果に影響を与えない為にも時間に余裕をもって参加するのが重要です。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 2chや5chで言われてるように治験は怖い?それとも安全?!3泊4日の治験の体験談。治験の申込から参加までのザックリした流れもまとめてみた。

  2. 治験で死亡した事故ってあるの?やっぱり治験の副作用はやばいし危険?治験に関するいろんな疑問まとめ

  3. 通院の治験はお医者さんから勧められて参加するもの?それとも求人に自分で応募するもの?治験の募集がおこなわれる理由。

  4. 治験のメリットはお金や報酬だけ?デメリットは?都市伝説となっている治験について治験サーチスタッフがすべてを語る!

  5. ワキ汗が多いって悩んでない?多汗症という病気について

  6. 【2019年保存版!】治験の全国入院マップ!健康成人が参加する治験で入院する医療施設全集!